【無料動画】ドラマ『14才の母』見逃し動画を無料視聴する方法(1話〜最終回を全話フル配信)【愛するために生まれてきた|今日の最新話も視聴OK】

【無料動画】ドラマ『14才の母』見逃し動画を無料視聴する方法(1話〜最終回を全話フル配信)【愛するために生まれてきた|今日の最新話も視聴OK】

ドラマ『14才の母』の動画を無料で視聴する方法を解説します。

  • 今日の放送を見逃してしまった…
  • 時間があるので一気に見たい…

という方はぜひ参考にしてください。

マジックナイト

ここだけの話、ドラマ『14才の母』の動画はHuluの無料体験で見放題です♪
  • 2週間無料お試し

無料 Huluで今すぐ見る

リンク先:https://www.hulu.jp/

いつでも無料で解約OK

hulu

タップできる目次

ドラマ『14才の母』の見逃し動画を無料視聴する方法

ドラマ『14才の母』の見逃し動画を無料視聴する方法

ドラマ『14才の母』の動画を完全無料で視聴する方法は3つあります。

1.Huluの無料体験で『14才の母』の動画を無料視聴する(おすすめ)

Huluの特徴や無料視聴できる動画の情報

ドラマ『14才の母』の見逃し動画はHuluの無料体験で安心・安全に視聴できます。

マジックナイト

他の配信サービスでは放送後1週間しか視聴できませんが、Huluならいつでも高画質で『14才の母』の動画が見放題です♪
Hulu無料体験のメリット
  1. 月額1,026円(税込)のサービスが無料でお試しできる
  2. ドラマ『14才の母』全話の動画が高画質&広告なしで楽しめる
  3. 60,000本以上のドラマや映画・アニメが見放題
  4. サービスがイマイチだったら無料期間中に解約すれば料金が一切かからない

\ 2週間無料お試し /

いつでも無料で解約OK

40代女性

1日あたり約30円で60,000本以上の動画が見放題なので4年以上継続しています。スマホやテレビで好きなときに視聴できますし、他の動画サービスより海外ドラマが多いから暇つぶしに最適です。

hulu

たった2分の簡単登録で今すぐ『14才の母』を無料視聴>>

2.TVerやGYAO!などで『14才の母』の動画を無料視聴する

TVer(ティーバー)やGYAO!は、ドラマ・バラエティなどの見逃し配信が無料で視聴できる素晴らしいサービスです。

TVerやGYAO!を利用する時の注意点
  • 放送終了から1週間しか視聴できない
  • 過去の話は視聴できない
  • 広告が表示される

こういった微妙な部分もありますが、放送終了から1週間以内の見逃し動画をお探しならTVerやGYAO!が一番おすすめです。

マジックナイト

会員登録しなくてもすぐに見れるのが便利です♪

TVerで配信が終わっていても、Huluなら無料体験で動画が視聴できます。

hulu

3.YouTube・PandoraTV・Dailymotion・9tsuなどで『14才の母』の動画を無料視聴する

動画サイトに違法アップロードされた動画を視聴すると以下の問題があります。

  • ウィルスやスパイウェア感染
  • 個人情報の漏洩やワンクリック詐欺
  • 違法アップロード動画をダウンロード視聴するのは違法

マジックナイト

このような危険があるので、当サイトではあなたのためにも詳細はご案内していません。

>『14才の母』の動画を安心・安全に無料視聴するならHuluの無料体験がおすすめです!

目次に戻る

ドラマ『14才の母』の見逃し動画配信サービス一覧

配信状況月額料金(税抜)無料期間
Paravi
1,017円
(税込み)
2週間
FOD
888円2週間
U-NEXT
1,990円31日間
Hulu
二重丸1,026円
(税込み)
14日間
ABEMA872円14日間
Amazonまる
※レンタル
500円30日間
TELASA562円30日間
Netflix1,200円なし
TVer無料
GYAO!無料

ドラマ『14才の母』の動画はHuluでの視聴がおすすめです。

放送終了後にすぐ配信されるので、今日見逃した最新話もすぐに視聴できます。

目次に戻る

ドラマ『14才の母』1話から最終回のイントロあらすじネタバレまとめ

イントロダクション

私立中学校2年生の一ノ瀬未希は、14歳にして、恋人との子供が出来てしまう。しかし、運命の相手と思えた私立中学校3年生・桐野智志は頼りにならず、家族との確執が芽生え、未希は絶望の淵に落とされる。それでも産む決心をするが、信じられないほどの困難が待ち受けていた。

出展:Wikipedia

第1話「中学生の妊娠…ごめんね、お母さん」(2006年10月11日放送)のあらすじネタバレ

名門といわれる私立の女子中高一貫校に通う中学2年生の一ノ瀬未希 (志田未来) は、ファミレスでパートをしている母・加奈子 (田中美佐子)、住宅販売会社に勤務する父・忠彦 (生瀬勝久)、小学生の弟・健太 (小清水一揮) の4人家族。忠彦は、自分たちの暮らしに満足し、加奈子は未希が名門私立校に入ってくれている事を喜ぶ、極々普通な夫婦であり、家族である。近所には、エレキギターショップを経営する、加奈子の弟夫婦・三井マコト (河本準一) ひな子 (金子さやか) がおり、未希はそこにちょくちょく遊びに行っていた―。

第2話「お前なんかもう娘じゃない」(2006年10月18日放送)のあらすじネタバレ

妊娠していることに気づいた未希 (志田未来) は、勇気を出して一人で産婦人科を訪れるが、戸惑いのあまり逃げ出してしまう。お腹の子の父親である智志 (三浦春馬) にはその事実を打ち明けられず、カラ元気で普通のフリをする。一方、母親の加奈子 (田中美佐子) は未希の中で“何かが起こった”ことに気づき、あることからその事実がもしかしたら“妊娠”なのではないかと思い始める。学校でもどこか様子のおかしい未希を親友の恵 (北乃きい) たちは不思議に思うが、未希は誰にも話すことが出来ない。未希は、ある決意を持って母に事実を告げる。子供だとばかり思っていた娘の妊娠を信じられない加奈子は、自分が未希を産んだ産婦人科・的場クリニックに未希を連れていく。

第3話「さよなら…わたしの赤ちゃん」(2006年10月25日放送)のあらすじネタバレ

未希 (志田未来) は、智志 (三浦春馬) に勇気を出して妊娠したことを打ち明ける。思いもよらない未希の告白に動揺を隠せない智志。加奈子 (田中美佐子) と忠彦 (生瀬勝久) は智志の母・静香 (室井滋) のもとを訪れ、未希の妊娠とお腹の子の父親が智志だということを告げる。加奈子と忠彦は、まだ中学生の2人には、学校のこと、お金のことなど多くの問題があり、出産することは考えられないと未希に伝え、“手術”を早くしたほうがいい―と未希を説得する。学校に行った未希は、恵 (北乃きい) に様子がおかしいことを詰め寄られ、意を決して妊娠したことを告白する。

第4話「約束…私は、もう泣かない」(2006年11月1日放送)のあらすじネタバレ

手術の直前、産婦人科病院から逃げ出した未希 (志田未来) を捜し出した加奈子 (田中美佐子) は、出産に絶対反対だと告げる。出産で直面する厳しい現実を突きつけられた未希は、何も反論できずただ涙を浮かべるばかり。一方、忠彦 (生瀬勝久) に厳しく叱責された智志 (三浦春馬) は罪悪感を抱く中、静香 (室井滋) に海外への留学を迫られる。翌日、学校に呼び出された加奈子は、未希の妊娠を知った教師たちに囲まれて質問攻めに遭っていた。手術するから退学だけは許して欲しい、と訴える加奈子。だが、智志からの伝言で勇気をもらった未希は…。

第5話「バイバイ…初恋が死んだ日」(2006年11月8日放送)のあらすじネタバレ

未希 (志田未来) の「産みたい」という強い意志を聞いた恵 (北乃きい) や真由那 (谷村美月) たちクラスメイトは動揺を隠せず、職員会議では香子 (山口紗弥加) たちが未希の退学へ向けて話を進めていた。未希は、加奈子 (田中美佐子)、忠彦 (生瀬勝久) と一緒に、的場クリニックを訪ねるが、春子 (高畑淳子) は14才での出産には多くの困難が伴うことを説明し、命の危険を伴う可能性もあるため、この病院では面倒をみられないかもしれないと未希に告げる。まもなく、未希は、母のもとを逃げ出しマコト (河本準一) の店に来ていた智志 (三浦春馬) と会い、智志や静香に迷惑を掛けずに出産すると宣言し、智志に父親になってもらうつもりはないと伝えて―。

第6話「私にも母子手帳くれますか」(2006年11月15日放送)のあらすじネタバレ

波多野 (北村一輝) が書いた記事によって未希 (志田未来) の妊娠が様々な所に広まった。静香 (室井滋) は波多野と対決する覚悟を決め、智志 (三浦春馬) にも学校を休むように言うが、智志は未希との約束を果たす為、それでも学校へ行く。的場クリニックで、春子 (高畑淳子) にもうじき“手術”は出来ない時期になると告げられた未希は改めて産むことを決意する。学校では職員会議が続き、一刻も早く未希を退学させようと教師たちは動き始める。一方、静香は一ノ瀬家を訪ね、出産することをもう一度考え直してほしいと未希を説得しようとする。そんな中、自分のせいで健太 (小清水一揮) が学校でいじめられていると知り、加奈子 (田中美佐子) や忠彦 (生瀬勝久) にも迷惑がかかると痛感した未希は、家を出ることを決意するが―。

第7話「お金で未来は買えますか?」(2006年11月22日放送)のあらすじネタバレ

―3ヵ月後、母子手帳を手に取る一ノ瀬未希 (志田未来) は「認知」という重大な問題に直面していた。静香 (室井滋) が一ノ瀬家に送りつけた誓約書には、智志 (三浦春馬) が父親であるという認知の請求をしないならば、未希に慰謝料を支払うということが書かれており、加奈子 (田中美佐子) や忠彦 (生瀬勝久) は憤りを隠せずにいた。一方、的場クリニックで開かれる母親学級に参加し始めた未希は、講師役の看護師兼助産師・桃田ヒロミ (西野妙子) から、今後、子どもを産んで生活していくには「お金」が必要であると教えられ、どうすればよいか考え始める。ある雪の夜、未希はバスの中から外を歩く智志の姿を見つけ、思わず窓から身を乗り出して声をかける。だが、突然の腹痛に襲われた未希は―。

第8話「二つの命…どちらを選ぶ?」(2006年11月29日放送)のあらすじネタバレ

突然の腹痛に見舞われた未希 (志田未来) は的場クリニックに搬送され、体に“問題”があることを春子 (高畑淳子) に知らされ、入院することになった。静香 (室井滋) の会社が倒産すると書かれた新聞記事を見て、加奈子 (田中美佐子) と忠彦 (生瀬勝久) は愕然とする。未希が知れば体に障るだろうと不安になるが、何か詳しいことを知っているのではないか、と波多野 (北村一輝) を訪ねることにする。一方、債権者から身を隠すため夜逃げをした静香は必死になって会社を盛り返そうとしていたが、智志 (三浦春馬) はメモを残して姿を消してしまう。

第9話「出産・命をかけた24時間」(2006年12月6日放送)のあらすじネタバレ

突然の陣痛に襲われた未希 (志田未来) は、波多野 (北村一輝) に助けられ的場クリニックへたどり着く。予定日よりも1ヶ月以上早いが、春子 (高畑淳子) の判断でそのまま自然分娩することになった。加奈子 (田中美佐子) は不安でたまらないが、懸命に未希を励ます。駆けつけた忠彦 (生瀬勝久) は、未希の顔色があまりに悪く、苦しんでいる様子にうろたえる。慌てて春子を呼び戻すと、既に赤ちゃんの胎動も停止しており、「早期胎盤剥離」…未希も赤ちゃんも危険な状態に陥っていることがわかる。想像を絶する痛みに苦しみながら、未希は、うわごとのように智志 (三浦春馬) の名前を呼ぶが―。

第10話「もう一度笑って…」(2006年12月13日放送)のあらすじネタバレ

帝王切開による出産を終えた未希 (志田未来) は、出血が止まらず危険な状態に陥っていた。意識の戻らない未希の姿を見て、加奈子 (田中美佐子) はただただ動揺するばかりだが、医師たちは「今は待つしかない」と言うことしか出来なかった。一方、未希の赤ちゃんも危険な状態のため、NICU担当の小児科医・土田太郎 (反町隆史) により、新生児集中治療室に搬送される。忠彦 (生瀬勝久) は、荒廃したアパートの一室を訪れ、そこで、変わり果てた静香 (室井滋) と智志 (三浦春馬) の姿を目の当たりにする。驚きを隠せずにいたが、せめて一目だけでも、未希に会ってくれないかと頭を下げる。学校でも香子 (山口紗弥加)、真由那 (谷村美月)、恵 (北乃きい) たちが未希の様子を心配していた。そんな中、ICUで眠り続けている未希は…。

第11話|最終回「涙の最終回…命ってなに?」(2006年12月20日放送)のあらすじネタバレ

14才で妊娠し、いくつもの障害を乗り越えて遂に出産した未希。緊急手術で意識不明に陥った未希と未熟児として生まれてきた赤ちゃん…幼い母子の運命は? そして、衝撃の物語はどのような結末を迎えるのか?

目次に戻る

ドラマ『14才の母』とは? 動画の基本情報まとめ

ドラマ名14才の母
テレビ局日本テレビ
放送年月2006年10月11日~12月20日
放送スケジュール毎週水曜よる10:00~(水曜ドラマ)
再放送未定
主演志田未来
ヒロイン
スタッフ脚本:井上由美子
音楽:沢田完、高見優
演出:佐藤東弥、佐久間紀佳
プロデューサー:村瀬健、浅井千端
製作著作:日本テレビ
原作
公式サイト
主題歌Mr.Children『しるし』

ドラマ『14才の母』のキャストまとめ

一ノ瀬未希(志田未来)

 

この投稿をInstagramで見る

 

衣装・紹介(@isyoukai2503)がシェアした投稿

志田未来の出演作

監察医 朝顔、最上の命医、なるようになるさ。、ST、女王の教室 など

桐野智志(三浦春馬)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Haruma Miura 三浦春馬(@haruma_miura_info)がシェアした投稿

三浦春馬の出演作

一ノ瀬加奈子(田中美佐子)

 

この投稿をInstagramで見る

 

いつき(@yotsuchiyan4121)がシェアした投稿

田中美佐子の出演作

それぞれの断崖、きのう何食べた?獣になれない私達、生まれる。、Age,35 恋しくて、大河ドラマ『天地人』 など

その他の登場人物とキャスト

一ノ瀬忠彦(生瀬勝久)、三井マコト(河本準一)、桐野静香(室井滋)、的場春子(高畑淳子)、遠藤香子(山口紗弥加) ほか

目次に戻る

ドラマ『14才の母』視聴者の感想まとめ

目次に戻る

ドラマ『14才の母』1話から最終回の動画を無料で見る方法まとめ

この記事ではドラマ『14才の母』の見逃し動画を無料視聴する方法を解説しました。

まとめ
  • 『14才の母』全話の見逃し動画を無料で見るならHuluがおすすめ!
  • 放送後1週間以内ならTVerなどでも無料動画が視聴できる!

Huluの無料体験キャンペーンはいつ終わるかわかりません。

気になった方はキャンペーンが終わってしまって損する前に試してみてくださいね♪

  • 2週間無料お試し

無料 Huluで今すぐ見る

リンク先:https://www.hulu.jp/

いつでも無料で解約OK

hulu

MEMO
本ページの情報は2020年7月時点のものです。最新の配信状況はHuluにてご確認ください。