ハケンの品格4話ネタバレあらすじ、皆の感想と評判【コネ新入社員に派遣がパワハラ?倉庫脱出サバイバル!くるくる東京に凱旋】

ハケンの品格4話ネタバレあらすじ、皆の感想と評判【コネ新入社員に派遣がパワハラ?倉庫脱出サバイバル!くるくる東京に凱旋】

この記事ではドラマ『ハケンの品格4話』のあらすじネタバレや次回の予想、みんなの感想・評判が読めます。

注意
結末ラストまで完全にネタバレしています。まだ視聴していない方は下記のボタンから本編の無料動画をお楽しみください。

 

【無料動画】ドラマ『ハケンの品格』見逃し動画を無料視聴する方法(1話〜最終回を全話フル配信)【シーズン2|今日の最新話も視聴OK】 【無料動画】ドラマ『ハケンの品格』見逃し動画を無料視聴する方法(1話〜最終回を全話フル配信)【2020年|今日の最新話も視聴OK】

ハケンの品格4話あらすじ(2020年7月8日放送)

自宅のゴミを会社でこっそり捨てようとする井手(杉野遥亮)の世間知らずぶりに、困惑する一同。大前春子(篠原涼子)は注意するが、宇野部長(塚地武雅)から「新入社員の教育は社員の役目」だと釘を刺される。

実は井手は、S&F社との最重要取引先、「テイスト・オブ・ライフ」創業者、女社長の美香(キムラ緑子)の三男で、コネ入社の上、特に贔屓にされていたのだ。そんな中、井手と三田(中村海人)は初めての営業で、配ってはいけない回収品のサンプルを持って回ってしまう。その失態を知った井手は姿を消してしまいー。

運悪くその時、井手の母、美香が息子の働く様子を見学に来る。出迎える里中(小泉孝太郎)と東海林(大泉洋)は、井手が見つかるまでの時間伸ばしに必死に。ついに春子が、井手を見つけるが、そこはなんと冷蔵倉庫。井手は責任を感じて回収品の整理をしていたのだ。ところが、突然停電が起き、極寒の中、2人揃って冷蔵倉庫に閉じ込められてしまう!この大ピンチに春子はー。

ハケンの品格4話ネタバレ

ネタバレ

井手裕太郎(杉野遥亮)と三田貴士(中村海人)が初めての営業に出かけることになり、三田の方はそれなりに成果を出したのですが、井手の方はというと、これといった成果を出すことができませんでした。
しかし、その後2人が営業に持っていたのがサンプル品であることが判明します。
これは本来配ってはいけないものだったものの、それを2人は知らずに持参してしまい、回収のためにS&Fは営業先にお詫びの電話をかけ続けることになります。
責任を感じた井手は冷蔵倉庫内でサンプル品を整理していたのですが、社内では井手が消えたと騒ぎになります。
ちょうど井手の母親である美香(キムラ緑子)が息子の仕事ぶりを見に来るタイミングだっただけに、社員総出で井手の行方を探している中、大前春子(篠原涼子)は井手の姿を発見しますが、そのときに停電が発生して、2人は閉じ込められてしまうのです。

2人が冷蔵倉庫の中にいるとは他の従業員は全く知らない中で、大前はモップを使い扉を何度も叩いていると、外を通りかかった警備員がその音に気付いて、中を開けてくれたため脱出することができました。

ラストでは、大前は仕事に再び戻り、何事もなかったかのようなクールな表情をしていました。
今回は大前の活躍が非常に大きかったと思います。
特に2人が閉じ込められてしまったときに、大前の発案でモップを使って扉を叩いていたのですが、適当に叩くのではなくて特定のリズムを刻んだ方が人が気付きやすいらしく、それを大前は実践していたのです。
そういう知識があるのもすごいなと思いましたけど、パニックになりそうなときに冷静な判断力を持っていること自体が素晴らしいと感じました。

マジックナイト

【次回の予想】次回は東京本社にやってきた東海林武(大泉洋)が、美味しいだけではなく、ダイエット効果もあるお菓子を全国展開することを狙いますが、そのダイエット効果のデータの改ざんなどが疑われてしまいます。東海林は謝罪会見を開くという事態にまでなってしまうのですが、そういった状況において大前が彼に力を貸す気がするのです。結末ではいつもの調子の明るい東海林が戻っているのではないか?と予想します。

←3話に戻る 5話ネタバレに進む→

ハケンの品格4話感想とみんなの評判

男性(40代)の感想と評判

評価
(4.0)

自宅のゴミを会社で捨てていた井手(杉野遥亮)の世間知らずぶりに対してブチ切れる春子(篠原涼子)がいました。
そんな春子に宇野部長(塚地武雅)は新入社員の教育は社員の役目だと釘を刺すのでした。

宇野がフォローする理由は井手がS&F社の最重要取引先のテイスト・オブ・ライフの女社長・美香(キムラ緑子)の三男ということから贔屓されていたのでした。そんななか新入社員の三田(中村海人)が初めての営業で配ってはいけない回収品のサンプルを配ってしまうのでした。
井手は自分がサンプルをちゃんとまとめていないことから派遣社員の亜紀(吉谷彩子)と小夏(山本舞香)が叱られたことに責任を感じるのでした。

丁度その頃、井手の母の美香が会社に訪れていたのでした。反省の意味も込めて黙って冷凍庫でサンプルを仕分けていた井手でしたが会社中で井手を探すことなります。
仕事ぶりを見たい美香でしたが井手は停電が起こったことから冷凍庫で春子と閉じ込められていたのでした。
凍える春子でしたがドアをモップで叩いて警備員に存在を知らせることに成功し脱出するのでした。

美香が見守るなか、井手は亜紀と小夏にサンプルの件は自分が悪いと謝罪し春子にもスーパー派遣になると言いだします。
春子はなれるわけないと言いますが少し井手を認めたようでした。
その様子を好ましく思ったのか美香は社長の宮部(伊東四朗)に息子をこれからも頼むと伝えるのでした。

ラストは東海林(大泉洋)が課長として営業事業部に戻ってきたことを皆の前で語るのでした。

男性(30代)の感想と評判

評価
(3.5)

冒頭から井手(杉野遥亮)が自分の家のゴミを会社に捨てにきてしまうというかなりぶっ飛んだ行動をしていて大前(篠原涼子)が注意してくれてスッキリしました。
そして、派遣の千葉(山本舞香)が給料が安いことを悩むのですが、本当に金額が低くて驚きました。かなり働いていたはずですが、解せません。

その後、初めての営業に井手たちが向かうのですが案の定井手はどこにも契約を取り付けることができませんでした。
初めは無気力な井手の姿に腹を立てましたが、その事が功を奏します。
営業で配ったサンプルにアレルギー表示がされていなかったので大問題に発展してしまいます。
みんなで店舗に連絡を取り回収しようとするんですが井手は無気力な性格からどこにも配っていなかったということは良かったと思いました。

その後、井手の母親が息子の働き振りを確認しにやってくるのですが、井手と大前は冷凍倉庫に閉じ込められてしまい凍死寸前まで追い詰められてしまいます。
でも大前のアイデアでリズムよく扉を叩いて外の人に救助を求めるやり方でなんとか助かりました。この方法はすごくためになりました。

ラスト、東海林(大泉洋)が営業一課の課長に就任します。
何だかんだ大前の近くには東海林がいた方が物語が面白くなると思うのですごく嬉しかったです。

ハケンの品格4話ネタバレあらすじのまとめ

この記事では『ハケンの品格』第4話のあらすじネタバレをご紹介しました。

本編が見たくなってきた!という方は、下記のページで無料視聴の方法を解説しているので参考にしてください。

 

【無料動画】ドラマ『ハケンの品格』見逃し動画を無料視聴する方法(1話〜最終回を全話フル配信)【シーズン2|今日の最新話も視聴OK】 【無料動画】ドラマ『ハケンの品格』見逃し動画を無料視聴する方法(1話〜最終回を全話フル配信)【2020年|今日の最新話も視聴OK】