ハケンの品格5話ネタバレあらすじ、皆の感想と評判【痩せない!?お菓子ウソ表示で大ピンチ 偽りの謝罪会見で赤裸々告白大逆転】

ハケンの品格5話ネタバレあらすじ、皆の感想と評判【痩せない!?お菓子ウソ表示で大ピンチ 偽りの謝罪会見で赤裸々告白大逆転】

この記事ではドラマ『ハケンの品格5話』のあらすじネタバレや次回の予想、みんなの感想・評判が読めます。

注意
結末ラストまで完全にネタバレしています。まだ視聴していない方は下記のボタンから本編の無料動画をお楽しみください。

 

【無料動画】ドラマ『ハケンの品格』見逃し動画を無料視聴する方法(1話〜最終回を全話フル配信)【シーズン2|今日の最新話も視聴OK】 【無料動画】ドラマ『ハケンの品格』見逃し動画を無料視聴する方法(1話〜最終回を全話フル配信)【2020年|今日の最新話も視聴OK】

ハケンの品格5話あらすじ(2020年7月15日放送)

「このたび営業事業部、営業一課の課長に就任しました東海林武(大泉洋)です」東海林が十三年ぶりに東京本社に戻った。

大前春子(篠原涼子)が気になる東海林だったが、春子は彼をハエ呼ばわり。
東海林は、北海道で美味しく痩せると評判のお菓子「黒豆ビスコッティ」を全国展開しようと、ダイエット効果を証明するデータと、100人の女性達のアンケートを持って帰ってきていた。しかし、雑誌の取材をきっかけに、ダイエット効果のデータ改ざんが疑われ、栄養学の教授のお墨付きも怪しくなっていく。
そして検査分析士の資格を持つ春子が検査することに…。

謝罪会見にまで追い込まれる東海林。アンケートは実際に行われ、偽りがなかったが、宇野部長(塚地武雅)は証拠隠滅のため処分を命じ…。東海林のアンケートへの思いを知る里中(小泉孝太郎)は、それらがシュレッダーにかけられたと知って愕然とする。

そんな中、北海道から「黒豆ビスコッティ」を作る小さな工場の社長が上京。春子は「このままだと工場がつぶれそうだからと飛んできた」と聞かされー。

ハケンの品格5話ネタバレ

ネタバレ

東海林武(大泉洋)が全国展開を考えていた、美味しくてダイエット効果のある黒豆ビスコッティが痩せないという記事が雑誌に載ってしまいます。
急務でダイエットに関する成分の調査などが行われた結果、社内でも痩せないという結論に至ります。

結果的にS&Fは謝罪会見を開くことが決まるものの、その前に黒豆ビスコッティに関するアンケート結果を宇野一平(塚地武雅)が東海林に断りなくシュレッダーにかけて消去することを命じるのです。

ただ、その後大前春子(篠原涼子)、里中賢介(小泉孝太郎)、浅野務(勝地涼)は徹夜でシュレッダーにかけられたアンケート結果の紙を復元します。
東海林は謝罪会見の当日、シュレッダーにかけられたはずのアンケート結果が復元されている事実に驚いたものの、会見場にそれを持ち込んで、独断でアンケート結果の内容を公表します。

黒豆ビスコッティに痩せる効果はないが、味は美味しいとモニターの人たちは言ってくれているとアピールしたのです。
ただ、謝罪会見の場で商品の良さをアピールしたため、それ自体が炎上してしまいますが、炎上したことがきっかけで商品名が全国にとどろき、ラストでは黒豆ビスコッティは大量が売れる状況となりました。

この回で大前はシュレッダーにかけられたアンケート結果を復元するために、残業同様の行為をしたのですが、それが意外でした。
常に定時になった瞬間にオフィスを後にするのが当たり前の大前が、朝まで会社に残り続けていたので、滅多に見られない光景だと思ったのです。
本人は残業であるとは認めず、趣味のジグソーパズルに取り組んでいただけとは言っていましたが、こういうこともする人なんだなと思いました。

マジックナイト

【次回の予想】次回はAIによるコストカットがテーマとなりますが、今までの大前の雰囲気からすると恐らくAI導入に関しては肯定的なスタンスなのではないか?と思います。でも、最終的にはAIにはない魅力を人間は持っているという結末になりそうな気がします。

←4話に戻る 6話ネタバレに進む→

ハケンの品格5話感想とみんなの評判

男性(30代)の感想と評判

評価
(4.5)

東海林(大泉洋)が黒豆ビスコッティを部署のみんなに配り出します。そこでみんなから色々と感想をもらい有頂天になります。
この場面を見てすごく東海林が可愛く見えました。やっぱり自分が企画した商品がいい評価だと嬉しいものですよね。

その後、東海林は黒豆ビスコッティの取材を受けますがその雑誌に痩せるという触れ込みなのに痩せないという汚名を載せられてしまいます。
不審に思った大前(篠原涼子)と里中(小泉孝太郎)は黒豆ビスコッティの成分を調べるとデータが改ざんされていたことが判明します。

その後、東海林は社長に呼ばれて謝罪会見を開くことを命令されます。
その頃、部長は東海林が持っていたアンケートモニターの資料をシュレッダーで処分してしまいます。
それを知り大前はゴミから見つけ出し里中と浅野(勝地涼)と一緒に復元します。

いよいよ謝罪会見が始まり東海林は痩せないことを正直に話しますが黒豆ビスコッティがいい商品だということを世間に話します。
しかし記者たちのボルテージは治りません。
そこに大前がやってきてラスト黒豆ビスコッティのアンケートモニターの映像を見せてコメントを流し世間に訴えるのでした。

後日、その気持ちに打たれた消費者が大量にいて黒豆ビスコッティは大ヒットするのでした。
やっぱり大前は東海林ことをかなり信頼していたのでしょうね。

女性(50代)の感想と評判

評価
(5.0)

東海林課長(大泉洋)の企画で、黒豆ビスコッティを全国展開する事になった。
黒豆ビスコッティは、有名な教授から痩せるというお墨付きを貰っていて、そのデータも貰っていた。
おやつ倶楽部の取材を受けた後、痩せないと雑誌に掲載されたため、大問題になった。

部長からは、謝罪会見で土下座するように言われた東海林課長は、デーダを出した教授に確認に行くと、データ改ざんをした頃が判明した。
100人のモニターからとったアンケートを部長の指示でシュレッダー処理されていたため、大前春子(東海林課長(大泉洋)の企画で、黒豆ビスコッティを全国展開する事になった。
黒豆ビスコッティは、有名な教授から痩せるというお墨付きを貰っていて、そのデータも貰っていた。

おやつ倶楽部の取材を受けた後、痩せないと雑誌に掲載されたため、大問題になった。
部長からは、謝罪会見で土下座するように言われた東海林課長は、デーダを出した教授に確認に行くと、データ改ざんをした頃が判明した。
100人のモニターからとったアンケートを部長の指示でシュレッダー処理されていたため、大前春子(篠原涼子)は、ジクソーパズル検定のスキルを駆使し、里中課長(小泉孝太郎)達と徹夜で元通りに戻した。

翌朝、出社してきた東海林課長に大前春子がいきなりちゃんと自分の言葉で謝るように言った。
東海林課長は、会社からごまかすように言われているから無理だというと、大前春子が、13年前、東海林課長が嘘をつけずに社長賞をのがした話しをはじめた。
東海林課長は嘘がつけないつけないからちゃんと謝るようにいった。

記者会見当日、東海林主任はデータ改ざんを認め謝罪した。
記者達から非難されているところに、大前春子があらわれた。
黒豆ビスコッティのモニターのひとたちをネットでつなぎ、生の声を記者達に聞いて貰った。

翌日、S&F社には黒豆ビスコッティの注文が殺到し、東海林課長や北ノ菓子工房の人達がとても喜んでいたラストでした。

ハケンの品格5話ネタバレあらすじのまとめ

この記事では『ハケンの品格』第5話のあらすじネタバレをご紹介しました。

本編が見たくなってきた!という方は、下記のページで無料視聴の方法を解説しているので参考にしてください。

 

【無料動画】ドラマ『ハケンの品格』見逃し動画を無料視聴する方法(1話〜最終回を全話フル配信)【シーズン2|今日の最新話も視聴OK】 【無料動画】ドラマ『ハケンの品格』見逃し動画を無料視聴する方法(1話〜最終回を全話フル配信)【2020年|今日の最新話も視聴OK】