ハケンの品格7話ネタバレあらすじ、皆の感想と評判【和菓子VSアジフライ戦争!社会沈没を救う男の友情とまさかのプロポーズ?】

ハケンの品格7話ネタバレあらすじ、皆の感想と評判【和菓子VSアジフライ戦争!社会沈没を救う男の友情とまさかのプロポーズ?】

この記事ではドラマ『ハケンの品格7話』のあらすじネタバレや次回の予想、みんなの感想・評判が読めます。

注意
結末ラストまで完全にネタバレしています。まだ視聴していない方は下記のボタンから本編の無料動画をお楽しみください。

 

【無料動画】ドラマ『ハケンの品格』見逃し動画を無料視聴する方法(1話〜最終回を全話フル配信)【シーズン2|今日の最新話も視聴OK】 【無料動画】ドラマ『ハケンの品格』見逃し動画を無料視聴する方法(1話〜最終回を全話フル配信)【2020年|今日の最新話も視聴OK】

ハケンの品格7話あらすじ(2020年7月29日放送)

AIが打ち出したリストラ候補に東海林(大泉洋)が入っていたことがショックの里中(小泉孝太郎)。そしてまだそのことを東海林には言えないでいた。
宮部社長(伊東四朗)は、会社挽回の一手だと以前里中が提出した、S&F社直営のコンビニを作る企画書を差し出す。もちろんAIの力も借りて。

「コンビニの企画、死にもの狂いでやります」
里中は、営業企画課の仲間達と、プロジェクトに没頭していく。大前春子(篠原涼子)のアイデアで、子供連れや、働くお母さんに便利な店という店舗のイメージも固まっていき…。
そんな中、里中のPCにあったリストラ候補名簿が流出してしまう!

自分の名前を見た東海林は言葉を失い、候補になっている社員達はパニックに。プロジェクトが成功したら里中が取締役に昇進することも判明し、リストラ候補の社員は裏切られたとやけをおこす始末。
一方で、トラブルが続きながらも、コンビニのパイロット店舗は出来上がっていく。
実はその間、里中の中では、衝撃の決意が固まりつつあった…。

ハケンの品格7話ネタバレ

ネタバレ

里中賢介(小泉孝太郎)は会社上層部に呼び出され、AIによるリストラ候補リストを見せられました。
そこには同期の友人・東海林武(大泉洋)を始めとした大勢の仲間の名前が……。
同時にプロフェクトリーダーも任された里中は、リストラ寸前の彼らの評価を見直してもらうため常にも増して張り切って陣頭指揮を開始。

ですが仲間達はすっかりAIに頼り切っており、自分の頭でアイデアを出す事がほとんどありません。
そればかりかプロジェクトの途中で大泉が里中のPCに不正アクセスし、そのリストが流出!
そこに自分の名前があると分かって一気にやる気を失ってしまう社員達や、作業途中に起きた火災トラブルなどでプロジェクトは頓挫しかけてしまいます。
が、火災からの復旧は大前春子(篠原涼子)が左官時代の仲間を連れてきてくれた事で何とか解決。

また東海林も「里中は俺達をリストラから救うために頑張ってるんだ! その足を引っ張るような真似をするな!」と皆を叱咤。
結果、プロジェクトは何とか成功を収めるのですが……その締めとなる場で里中が「仲間達と共に会社から独立します!」といきなり宣言!

さらにラストでは春子に「公私ともにパートナーとなってください!」とプロポーズを!……といった具合で一気に状況を動かしにきた里中ですが、これに東海林と春子がどこまでついてきてくれるか、味方になってくれるかが気になる展開ですね。
しかし春子は、仕事でもプライベートでもどこかに腰を落ち着けるとか身を固めるというイメージが浮かばないんですよね。
里中が一人で放り出される形にならないか心配です。

マジックナイト

【次回の予想】次回はついに最終回!里中はあのような宣言をした以上、S&Fから出ていくしかなくなるでしょう。東海林も元々リストラ候補筆頭でしたので、二人で一緒に会社を辞めることになるのだと思います。そして二人で悪戦苦闘しながら新しい会社を立ち上げて、そこに春子がスーパーハケンとして颯爽と現れて手助けをしてくれるものの、やっぱり3か月が経ったら鮮やかに立ち去っていくという、そんな結末になりそうです。

←6話に戻る 8話(最終回)ネタバレに進む→

ハケンの品格7話感想とみんなの評判

女性(30代)の感想と評判

評価
(4.0)

人工知能AIがはじき出したリストラ候補者をもとに人員削減を進めるよう上司に指示されている社員の里中賢介(小泉孝太郎)とそのことを知っている派遣社員の大前春子(篠原涼子)。里中が自分の昇進には目もくれず、リストラ候補者の仲間を救おうと、新規プロジェクト成功に向けて躍起になっているところに惹かれました。
自分の会社にも誠実で人間味あふれるこんな上司がいたらいいのになあと。

途中、極秘で進められていたリストラプロジェクトが同僚にばれてしまい、里中と対立する場面がありますが、大前春子が「あなたには人を動かす力がある」と言っていた通り、結果的にはピンチの里中を助けようとする同僚。
やはり、人を動かすのは命令だけではなく心のつながりが重要だと再認識しました。

企画したプロジェクト発表会の演説最後、プロジェクト成功の暁には、仲間を連れて独立すると宣言する里中。
スピーチをとめに入る上司はもちろん、社員全員が驚く発言。

さらにラスト、それを聞き駆けつける東海林武(大泉洋)をよそに、「公私共に…」と大前にプロポーズする里中。
里中の人間性にますます惹かれ、見ていてどきどき!わくわく!今までの仕事にまつわるスッキリした結末ではなく、恋愛も絡んできてまさにドラマ終盤に向けて展開が気になっています!

女性(50代)の感想と評判

評価
(4.0)

AIが出したリストラ候補に東海林武(大泉洋)の名前があったことで、里中賢介(小泉孝太郎)は苦悩していました。
宮部社長(伊東四朗)から直営コンビニエンスストアの企画を成功したらリストラをしなくてもいいが、失敗したら終わりだと告げられる。

里中はプロジェクトを成功させるために、同僚たちとコンビニのリサ-チを始めます。
そんな頃、里中にプロジェクトに成功したら取締役にするとメ-ルが入った。
里中はAIにとらわれず自分のアイデアで動き、会議ではハケンの大前春子(篠原涼子)がアジフライとアイデアを提言しました。
そんな中、東海林は里中のパソコンからリストラ候補のリストを見てしまい、自分の名前があった社員たちがショックを受ける。
里中は東海林と向き合い、里中は社員たちのために奮闘しようとするが、東海林からは自分のために戦えと助言を受ける。

明日の完成披披露を迎えた前日に、コンビニの店内が火事となり春子が消火器で火を消したが完成披露は絶望的となってしまう。
ヤケになった社員たちに東海林は立ち上がりコンビニ店内の修復を始め、そして春子が専門分野の職人を集め現れ、一夜にして店内を修復しました。
ラストに里中が披露会見で社員を連れて独立すると会見して、春子にプロポ-ズをしました。

ハケンの品格7話ネタバレあらすじのまとめ

この記事では『ハケンの品格』第7話のあらすじネタバレをご紹介しました。

本編が見たくなってきた!という方は、下記のページで無料視聴の方法を解説しているので参考にしてください。

 

【無料動画】ドラマ『ハケンの品格』見逃し動画を無料視聴する方法(1話〜最終回を全話フル配信)【シーズン2|今日の最新話も視聴OK】 【無料動画】ドラマ『ハケンの品格』見逃し動画を無料視聴する方法(1話〜最終回を全話フル配信)【2020年|今日の最新話も視聴OK】