半沢直樹(2020年)1話ネタバレあらすじ、皆の感想と評判【子会社VS銀行!飛ばされた半沢の新たな下剋上が始まる】

半沢直樹(2020年)1話ネタバレあらすじ、皆の感想と評判【子会社VS銀行!飛ばされた半沢の新たな下剋上が始まる】

この記事ではドラマ『半沢直樹(2020年)1話』のあらすじネタバレや次回の予想、みんなの感想・評判が読めます。

注意
結末ラストまで完全にネタバレしています。まだ視聴していない方は下記のボタンからダイジェストと予告動画をお楽しみください。

 

【無料動画】ドラマ『半沢直樹(2020年)』見逃し動画を無料視聴する方法(1話〜最終回を全話フル配信)【シーズン2|今日の最新話も視聴OK】 【無料動画】ドラマ『半沢直樹(2020年)』見逃し動画を無料視聴する方法(1話〜最終回を全話フル配信)【シーズン2|今日の最新話も視聴OK】

半沢直樹(2020年)1話あらすじ(2020年7月19日放送)

東京中央銀行のバンカーとして活躍していた半沢直樹(堺雅人)。しかし、大和田常務(香川照之)の不正を暴き糾弾したことが原因となり、中野渡頭取(北大路欣也)から、子会社である東京セントラル証券へとまさかの出向を命じられてしまう。
こうして出向先の東京セントラル証券・営業企画部長となった半沢。扱う金融商品企画はどれも銀行時代とは比べものにならないほど小さなものだった…それに加えて、親会社の銀行からは不良案件を押し付けられる始末。さらに、銀行からの出向組に対するプロパー社員たちの不公平感は根強いものがあり、反骨心と確執が渦巻いていた。
一方、大和田は、敵対していたはずの中野頭取派に華麗に転身、保身のために組織を利用し新たな地位を築いていた。さらに、大和田の忠実な部下である証券営業部長・伊佐山泰二(市川猿之助)もまた、“半沢潰し”を目論んでいた。

そんなある日、東京セントラル証券に大型買収案件が舞い込む。プロパー社員・森山雅弘(賀来賢人)が担当する大手IT企業「電脳雑伎集団」が、瀬名洋介(尾上松也)率いるIT業界の雄「東京スパイラル」を買収したいと申し出て来たのだ。買収における株式取得にかかる費用はおよそ1500億円以上。東京セントラル証券にとって、かつてない規模の案件だった。
「銀行を見返せ!」と大規模買収に沸き立つセントラル証券だったが、突如電脳雑伎集団からアドバイザー契約を一方的に断ち切られてしまう—。そして、これが新たな銀行との戦いの始まりになるとは、この時の半沢は知る由もなかった——。
飛ばされた半沢は銀行に下剋上なるか!? 不屈のバンカー半沢の新たな戦いが今、始まる!

半沢直樹(2020年)1話ネタバレ

ネタバレ

東京中央銀行へ出向してきた半沢直樹(堺雅人)は、そこで電脳雑伎集団の東京スパイラルに対する買収の依頼に遭遇します。
早速買収計画に関する提案を作り、電脳雑伎集団に持って行ったものの、なぜかそこで門前払いを受けてしまうのです。
実は別の会社が買収に名乗りをあげ、そちらに乗り換えられていました。

その会社とは東京中央銀行であり、この買収計画を漏らした人間が社内にいたことが明らかになります。
半沢は罠を張って、その社員をあぶり出すと諸田祥一(池田成志)と三木重行(角田晃広)の2名だったことが判明します。

また、この2人が情報を漏らしていた人間は伊佐山泰二(市川猿之助)で、ラストで半沢は今回の買収計画の横取りに関する首謀者として伊佐山を名指しをするのですが、当の伊佐山は全くの知らん顔でした。

伊佐山はこうなることを読んで、メールの記録を全て消しており、証拠がないのをいいことに全く認めようとしなかったのです。
半沢が見事社内にいる裏切り者を暴き、その首謀者の正体も明らかにしたものの、今回に関しては伊佐山の方が一枚上だったように感じました。

そして、この伊佐山に関しては悪人のような表情を終始しており、その部分が非常に印象的だったと思います。
半沢にとって手ごわい相手になりそうな雰囲気が相当感じられました。

マジックナイト

【次回の予想】次回は半沢が東京中央銀行に逆襲を仕掛けていくことになるでしょう。結末では、横取りされた買収計画を再び東京セントラル証券に戻すことを実現させているのではないか?と思います。

←全話に戻る 2話ネタバレに進む→

半沢直樹(2020年)1話感想とみんなの評判

男性(30代)の感想と評判

評価
(4.5)

東京セントラル証券に出向になってしまった半沢直樹(堺雅人)は毎日、ゴミ案件を押し付けられて業務をこなしていました。
そこに電脳雑技集団から買収アドバイザーとして協力してほしいと依頼されます。
その案件は1500億円もの案件でこれを成功させたら業績は上がると会社は色めき立つのでした。

しかし、2週間後提案書を持って電脳雑技集団の会社に行くと仕事の遅延を理由に他の企業に案件を奪われてしまいます。
その帰りに半沢は東京中央銀行の伊佐山(市川猿之助)に出くわします。
そのことで半沢は今回の案件を横取りしたのが東京中央銀行であると勘ぐります。

その後、横取りの原因が東京中央銀行に情報が漏れていると思い東京セントラル証券の社員たちの中に内通者がいることを疑います。
そうこうしていると電脳雑技集団がスパイラルの株を30パーセント買収してしまいました。時間外取引を利用して奇襲をかけてきた形です。
困った半沢は部下の森山(賀来賢人)たちを利用して三木(角田晃広)に社員たちのパソコンのデータを明日調べるという報告をします。
すると三木は動揺し夜のオフィスで諸田(池田成志)のパソコンのデータを消去しようとしていました。
そこに待ち伏せしていた半沢は三木から洗いざらい話を聞くと諸田が東京中央銀行にリークしていたことが判明します。
三木を連れて諸田の場所に行くと、そこには伊佐山がいて半沢は諸田のパソコンから伊佐山へのメールのデータを証拠として提示し電脳雑技集団の案件の横取りを立証しようとします。

ラスト、伊佐山は自分のパソコンのデータをサーバーごと消去してメールは受け取っていないということを半沢に話し、しらばっくれるのでした。
やはり半沢直樹はすごく面白いですね。
7年ぶりの倍返しが聞けて最高に嬉しかったです。早く伊佐山をギャフンとさせて欲しいです。

女性(30代)の感想と評判

評価
(4.0)

証券会社のプロバー組に対しての銀行出向組の横柄さは、見ていて不快な気持ちになりました。
そんな中で半沢直樹(堺雅人)が、部下の森山雅弘(賀来賢人)を気に掛けているのは好感を持てました。
半沢の言葉を真似たような大和田暁(香川照之)の「施したら施し返す。恩返し」という言葉には、笑ってしまいました。

半沢が出向後も、気を許せる同期の渡真利忍(及川光博)たちと会っている様子を見て少し安心しました。
半沢を敵視している銀行側の証券営業部長の伊佐山泰二(市川猿之助)が何かと嫌がらせをしてくるのは腹が立ちますが、大和田の方ではなく副頭取の三笠洋一郎(古田新太)についていたのは予想外でした。

裏で電脳雑伎集団に買収話を持ち掛けていたのが伊佐山だったのは予想通りでしたが、大和田も悔しそうにしていたのが印象的でした。
今回の買収先である東京スパイラルの社長・瀬名洋介(尾上松也)と、森山が中学時代の親友であることは驚きました。
再会した二人が楽しそうだったので良い方向に動くかと思いましたが、森山の会社を知った瀬名が心を閉ざしてしまったようで残念です。
証券会社側の裏切り者が判明したのに、伊佐山によって証拠のメールを消されていたことが判明したラストシーンは悔しかったです。

半沢直樹(2020年)1話ネタバレあらすじのまとめ

この記事では『半沢直樹(2020年)』第1話のあらすじネタバレをご紹介しました。

本編が見たくなってきた!という方は、下記のページで無料視聴の方法を解説しているので参考にしてください。

 

【無料動画】ドラマ『半沢直樹(2020年)』見逃し動画を無料視聴する方法(1話〜最終回を全話フル配信)【シーズン2|今日の最新話も視聴OK】 【無料動画】ドラマ『半沢直樹(2020年)』見逃し動画を無料視聴する方法(1話〜最終回を全話フル配信)【シーズン2|今日の最新話も視聴OK】