半沢直樹(2020年)2話ネタバレあらすじ、皆の感想と評判【卑劣な上司に倍返しだ!子会社プライドで仲間と戦え!!】

半沢直樹(2020年)2話ネタバレあらすじ、皆の感想と評判【卑劣な上司に倍返しだ!子会社プライドで仲間と戦え!!】

この記事ではドラマ『半沢直樹(2020年)2話』のあらすじネタバレや次回の予想、みんなの感想・評判が読めます。

注意
結末ラストまで完全にネタバレしています。まだ視聴していない方は下記のボタンからダイジェストと予告動画をお楽しみください。

 

【無料動画】ドラマ『半沢直樹(2020年)』見逃し動画を無料視聴する方法(1話〜最終回を全話フル配信)【シーズン2|今日の最新話も視聴OK】 【無料動画】ドラマ『半沢直樹(2020年)』見逃し動画を無料視聴する方法(1話〜最終回を全話フル配信)【シーズン2|今日の最新話も視聴OK】

半沢直樹(2020年)2話あらすじ(2020年7月26日放送)

東京中央銀行に大型買収案件を横取りされた半沢(堺雅人)は、部下の森山(賀来賢人)とともに銀行に逆襲を誓うが、依頼主である電脳雑伎集団・副社長の美幸(南野陽子)たちからは全く相手にされず追い返されてしまう。そこで、電脳の買収相手であるスパイラル社長の瀬名(尾上松也)に再度アプローチを試みるが…「銀行の子会社なんか信用できない」と拒絶され、八方塞がりに。

一方、半沢たちを裏切り銀行に戻った三木(角田晃広)だったが、希望していた営業ではなく、伊佐山(市川猿之助)や諸田(池田成志)から雑用ばかり言いつけられる不遇な毎日を過ごしていた。

瀬名は太洋証券の広重(山崎銀之丞)のアドバイスにより、新株発行でこの難局を乗り越えようとしていた。その新株の買取先・ホワイトナイト役に名乗りを上げたのは、なんと瀬名の憧れとも言うべきIT業界のカリスマ・フォックス社長の郷田(戸次重幸)であった。

しかし、そこには巨大銀行の新たな罠がしかけられていて…。

半沢直樹(2020年)2話ネタバレ

ネタバレ

電脳雑伎集団による東京スパイラル買収を阻止するには、新株発行を行い、それを買取ってもらうという策が有効であると森山雅弘(賀来賢人)は考えます。
その策を東京スパイラル社長の瀬名洋介(尾上松也)は受諾し、買取先であるホワイトナイトにフォックスの郷田行成(戸次重幸)が名乗りを上げました。
この契約に東京セントラル証券もかかわっていくわけですが、半沢直樹(堺雅人)は、フォックスに新株をすべて買取るだけの資金はないとにらみ、何か裏があるのでは?と探ります。

そして、東京中央銀行に復帰した三木重行(角田晃広)は、半沢らに対して協力の姿勢を見せ、伊佐山泰二(市川猿之助)のデスクから買収計画書を盗み出し、その中身を写メールで半沢らに送ります。
そこですべてを知った半沢は東京スパイラルのオフィスに向かい、瀬名と大洋証券の広重多加夫(山崎銀之丞)がいる場で真相を明らかにします。

実はフォックスはグルである東京中央銀行から融資を受け、その資金で新株を買取った後、電脳雑伎集団に吸収される予定でした。
この方法を使って電脳雑伎集団は東京スパイラルを買収しようと考えており、実は東京中央銀行が手を貸していたのです。

ラストでは、半沢の話からフォックスの郷田も大洋証券の広重もグルであることを知った瀬名が怒り狂うのでした。
今回はまるでミステリーのような雰囲気と言え、半沢や瀬名が東京スパイラルの買収阻止に動く中で、裏でどんな真実が隠されているのか?という部分が非常に面白く描かれていたと思います。
瀬名にとっては味方だと思っていた人間が実は裏切り者だったという部分も含めて、かなり衝撃の結末でしたし、本当に面白かったです。

マジックナイト

【次回の予想】次回は半沢らの東京セントラル証券が、なんと逆買収を仕掛けるというとんでもない展開になっていきます。逆買収が上手くいけば東京スパイラルは危機から脱することができるものの、結末までにそこまで理想的な状況にはたどり着いていないと思います。

←1話に戻る 3話ネタバレに進む→

半沢直樹(2020年)2話感想とみんなの評判

男性(30代)の感想と評判

評価
(5.0)

スパイラルは電脳雑技集団に株を30パーセント買収されたことで乗っ取られてしまいそうになります。
焦った瀬名(尾上松也)は大洋証券とセントラル証券にアドバイザーを頼み防護策を考えます。そこで出た案は新たな株を増やして電脳雑技集団の株のパーセンテージを減らそうと考えます。
そのためには新たな株を買ってくれるホワイトナイトの存在が必要です。その役目を瀬名はフォックスに頼みます。

ですが、調べたところフォックスには1000億もの資金を支払える余裕が全くありませんでした。
そこに気がついた半沢(堺雅人)はこれが詐欺で瀬名が騙されているのではないかと考えます。

その後、フォックスが東京中央銀行から1000億の融資を受けていることが発覚して黒だとわかります。
つまりスパイラルの敵は東京中央銀行と電脳雑技集団とフォックスでそれぞれがグルだということが明らかになります。
フォックスが株を買いそのフォックスを電脳雑技集団が買収してスパイラルの株のパーセンテージを半数以上にしてスパイラルを乗っ取ろうとしていました。

ですが、結局半沢がその不正に気がついて瀬名に助言してフォックスとの契約を破棄させます。

ラスト、スパイラルはセントラル証券とアドバイザー契約をして電脳雑技集団と東京中央銀行と戦うことになってしまうのでした。
今回の話は最高にハラハラして初回より数倍面白かったです。
本当に展開がコロコロ変わるので見応えがあります。

女性(40代)の感想と評判

評価
(5.0)

半沢(堺雅人)は電脳の副社長の美幸(南野陽子)にプランを提案するが、相手にされません。
半沢達を裏切った三木(角田晃広)は銀行に戻って行きました。

しかし雑用ばかりで優遇されません。
森山(賀来賢人)は再度、瀬名(尾上松也)と会います。
そして瀬名は秘密保持の契約を半沢と結び、協力者のフォックス社の行田(戸次重幸)に会います。

しかし、半沢は引っかかることがありました。
ライバルの東京中央銀行がどう出るのかという事と、提携先のフォックスが1000億円を用意できるのかという事です。
フォックスのメインバンクは東京中央銀行でした。

伊佐山(市川猿之助)から呼び出しがかかり、スパイラルの防衛策を教えろと圧力をかけてきます。
その帰りに大和田(香川照之)から「君はもうおしまいです。」と吐き捨てられます。
半沢は渡真利(及川光博)に証券部に探りを入れるように頼みます。
半沢は銀行に戻った三木を呼び出します。
三木に銀行の買収計画書が残っていないか聞いてみます。

半沢は伊佐山がスパイラルの買収の件にセントラル証券が関わっていると知っていたことに疑問を抱きます。
とうとうフォックスとのスパイラルとの業務提携の日がやって来ました。
半沢達はギリギリまで証拠集めに奔走しています。

渡真利から東京中央銀行からフォックスに1000億円の融資が締結されたと連絡が来ました。
瀬名は行田が嘘をついていると気がつきます。
三木のお陰で証拠をつかみました。
行田と太陽証券、電脳、東京中央銀行が手を組みスパイラルを吸収しようとしていました。
伊佐山が裏で手を引いていたと発覚しました。

ラストはセントラルがスパイラルとアドバイザー契約を結び、銀行に宣戦布告をしました。

半沢直樹(2020年)2話ネタバレあらすじのまとめ

この記事では『半沢直樹(2020年)』第2話のあらすじネタバレをご紹介しました。

本編が見たくなってきた!という方は、下記のページで無料視聴の方法を解説しているので参考にしてください。

 

【無料動画】ドラマ『半沢直樹(2020年)』見逃し動画を無料視聴する方法(1話〜最終回を全話フル配信)【シーズン2|今日の最新話も視聴OK】 【無料動画】ドラマ『半沢直樹(2020年)』見逃し動画を無料視聴する方法(1話〜最終回を全話フル配信)【シーズン2|今日の最新話も視聴OK】