半沢直樹(2020年)3話ネタバレあらすじ、皆の感想と評判【黒崎襲来!!な・お・きにお仕置きよ!!】

半沢直樹(2020年)3話ネタバレあらすじ、皆の感想と評判【黒崎襲来!!な・お・きにお仕置きよ!!】

この記事ではドラマ『半沢直樹(2020年)3話』のあらすじネタバレや次回の予想、みんなの感想・評判が読めます。

注意
結末ラストまで完全にネタバレしています。まだ視聴していない方は下記のボタンからダイジェストと予告動画をお楽しみください。

 

【無料動画】ドラマ『半沢直樹(2020年)』見逃し動画を無料視聴する方法(1話〜最終回を全話フル配信)【シーズン2|今日の最新話も視聴OK】 【無料動画】ドラマ『半沢直樹(2020年)』見逃し動画を無料視聴する方法(1話〜最終回を全話フル配信)【シーズン2|今日の最新話も視聴OK】

半沢直樹(2020年)3話あらすじ(2020年8月2日放送)

電脳の買収相手であるスパイラルとのアドバイザー契約を正式に結び、親会社・東京中央銀行と全面戦争へと突入した半沢(堺雅人)。銀行の卑劣な買収計画からスパイラルを守ることには成功したが、依然ピンチであることに変わりはなかった。そこで半沢が次の手として瀬名(尾上松也)に提案したのは、なんと「逆買収」だった。

だが、そんなある日、突然、セントラル証券に証券取引等監視委員会が立ち入り検査にやってくる。半沢の目の前に現れたのは、黒崎駿一(片岡愛之助)だった。黒崎が一体なぜ? 黒崎のターゲットはいったい何なのか? さらに、タイミング良く検査のことがニュースで報じられ、半沢は裏で伊佐山(市川猿之助)だけでなく、三笠副頭取(古田新太)が糸を引いているのではないかと推測する。

一方、パソコンからゴミ箱の中まで徹底的に検査を進める黒崎は、ついにクラウド上の隠しファイルに迫ろうとしていた。もし、半沢たちが水面下で進めている逆買収の計画が見つかってしまうと、すべてが水の泡と化す。半沢から連絡を受けた瀬名は、すぐさま高坂(吉沢亮)に指示し、データを消去しようと試みるが…。
果たして半沢はこの危機を乗り切ることが出来るのか?

半沢直樹(2020年)3話ネタバレ

ネタバレ

半沢直樹(堺雅人)の提案により、東京スパイラルはフォックスを逆買収することを計画していました。
しかし、その計画が漏れてしまい、金融庁の証券取引等監視委員会が東京セントラル証券にやってきて、フォックスの買収計画のありかを探すことになります。
黒崎駿一(片岡愛之助)らは隠しファイルとしての買収計画書を見つけたものの、中を見られる前に東京スパイラルのプログラマーである高坂圭(吉沢亮)に頼んで、外部からファイルそのものを削除してもらうことに成功します。

ただ、その後岡光秀(益岡徹)の部屋からシュレッダーにかけられた買収計画書の残骸が見つかり、それを復元されて中身が露わになりました。
半沢らにとっては万事休すかと思われましたが、そこにフォックスの郷田行成(戸次重幸)が駆けつけ、これは友好的買収であり何も問題ないと黒崎に告げます。

その後、東京スパイラルとフォックスの買収に関する記者会見が開かれると東京スパイラルの株価は一気に上がり、買収を目論んでいた東京中央銀行はそれが困難になります。
ラストでは、喜びに満ち溢れる東京セントラルの社員の裏で、半沢は東京中央銀行が東京スパイラル買収のために500億円の追加融資を決めたことを聞きつけ、再びピンチを感じていたのです。

今回は半沢の勝利に終わったかのように見えましたけど、東京中央銀行は利益に関係なく、プライドの問題で絶対に東京スパイラルを買収しようと考えているように見えました。
さすがに子会社の東京セントラル証券に負けたとなれば、プライドはズタズタでしょうから。
資金力では絶対に勝てないため、東京中央銀行が本気で金に糸目をつけずに融資を実行したらどうなるのだろう?と、そこがどうしても気になりました。

マジックナイト

【次回の予想】次回は本気を出してきた東京中央銀行に対して打つ手はあるのか?という点が注目でしょう。結末の時点ではまだ東京セントラル証券や半沢には手は残されているとは思うものの、事態はかなり厳しい状況になっているのではないか?と思います。

←2話に戻る 4話ネタバレに進む→

半沢直樹(2020年)3話感想とみんなの評判

女性(40代)の感想と評判

評価
(5.0)

半沢(堺雅人)はとりあえずスパイラルの買収を回避できたがまだ予断を許さない状態でした。
半沢と森山(賀来賢人)がフォックスを逆買収することを瀬名(尾上松也)に提案します。
セントラル証券にマスコミと監視委員会が来ました。
そこには黒崎(片岡愛之助)がいました。

パソコンの隠しファイルを黒崎に見つかりそうになり、隠し部屋のシステムを作ったセントラルの高坂(吉沢亮)に外部からのハックを頼みます。
そして間一髪のところでハックに成功します。

しかし、黒崎は次に岡(益岡徹)の社長室のシュレッターに目をつけて復元を始めます。
逆買収の書類が明るみに出るのは時間の問題になりました。
黒崎にバレてしまいますが、フォックスの郷田(戸次重幸)が友好的な合併に合意したので逆買収が罪に問われることがなくなりました。

しかし、東京中央銀行はスパイラルの買収を進めていました。
そこにスパイラルがフォックスを買収したという会見が開かれます。
海外の有名な会社のオーナーが出資すると宣言したことでスパイラル株は一気に上昇し、株の買収は回避された。
しかし500億の追加融資を三笠頭取(古田新太)が強引に進めているといる情報が入ります。
三笠が大和田(香川照之)を味方に引き入れて500億の融資が決定しました。

しかし、半沢達は監視委員会の狙いは電脳の子会社だったと気がつきます。
財務担当の玉置(今井朋彦)に会おうとしますが、ラストは電脳の平山(南野陽子)が半沢のところにやってきます。

男性(30代)の感想と評判

評価
(4.5)

半沢(堺雅人)はフォックスを逆買収しようと瀬名(尾上松也)に話します。

その後、フォックスのネガティブな記事を作成して拡散して株価を落としてフォックスを買収しようと目論みます。
そうこうしていると、監視委員会がセントラル証券にやってきてしまいます。黒崎(片岡愛之助)が率いている監視委員会はフォックスの買収計画書がないのかオフィスのパソコンや資料を漁ります。

黒崎は半沢のパソコンの隠しフォルダを探し出し計画書を見つけ出そうとしていました。
パスワードを突破する前にスパイラルの高坂(吉沢亮)というプログラマーが半沢のパソコンにハッキングして黒崎より先に計画書を破棄してしまいます。
それでも黒崎は諦めず社長室から資料を見つけて復元しフォックス買収計画書を半沢に突きつけるのでした。

少しして、郷田がやってきて半沢を助けてくれます。

その後、瀬名と郷田は和解して手を組んでスパイラルの株価は一気に上昇していくのでした。
それを見た電脳や東京中央銀行は500億の追加融資をしてスパイラルを買収しようと考えます。
なんとか防衛策を探すために半沢は鍵となる玉置と会おうとしますが、ラスト何故か電脳の社長が半沢の目の前に現れるのでした。

すごく面白かったです。スパイラルの株価がどんどん上がっていく姿が爽快でした。

半沢直樹(2020年)3話ネタバレあらすじのまとめ

この記事では『半沢直樹(2020年)』第3話のあらすじネタバレをご紹介しました。

本編が見たくなってきた!という方は、下記のページで無料視聴の方法を解説しているので参考にしてください。

 

【無料動画】ドラマ『半沢直樹(2020年)』見逃し動画を無料視聴する方法(1話〜最終回を全話フル配信)【シーズン2|今日の最新話も視聴OK】 【無料動画】ドラマ『半沢直樹(2020年)』見逃し動画を無料視聴する方法(1話〜最終回を全話フル配信)【シーズン2|今日の最新話も視聴OK】