MIU4042話ネタバレあらすじ、皆の感想と評判【切なる願い】

MIU4042話ネタバレあらすじ、皆の感想と評判【切なる願い】

この記事ではドラマ『MIU4042話』のあらすじネタバレや次回の予想、みんなの感想・評判が読めます。

注意
結末ラストまで完全にネタバレしています。まだ視聴していない方は下記のボタンから本編の無料動画をお楽しみください。

 

【無料】ドラマ『MIU404』見逃し動画を無料視聴する方法(1話〜最終回を全話フル配信)【ミュウ ヨンマルヨン】 【無料動画】ドラマ『MIU404』見逃し動画を無料視聴する方法(1話〜最終回を全話フル配信)【ミュウ ヨンマルヨン|今日の最新話も視聴OK】

MIU4042話あらすじ(2020年7月3日放送)

伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)がパトロールをしていると、伊吹が隣を走る車に違和感を抱く。そんな中、警視庁から殺人事件の容疑者が凶器を持って逃走しているという無線が入る。容疑者の特徴から伊吹は、隣の車に容疑者が乗っているかもしれないと察知し、追跡する。

一方、殺害現場の初動捜査にあたる陣馬(橋本じゅん)と九重(岡田健史)は、第一発見者の証言から凶器を持って逃走した人物が、加々見崇(松下洸平)だということを知る。加々見は、事件現場となったハウスクリーニング会社では真面目に働く社員だったという。

殺害された会社の専務との関係性を疑う中、陣馬は遺体周辺には血の掌紋が多数ついているにも関わらず、加々見が飛び出した部屋のドアノブには血が付着していなかったことを不可解に思う。

疑惑の車を追尾する伊吹と志摩は、運転する田辺将司(鶴見辰吾)と助手席の妻・早苗(池津祥子)が怯えていたことから、車内で夫婦を脅す加々見による“移動立てこもり事件”と見立て慎重に様子を伺うが、接触した田辺夫妻の妙な態度から事件は予期せぬ方向へと転がっていく…。

MIU4042話ネタバレ

ネタバレ

まるごとメロンパンという警察車両で重点密行をしていた第4機捜の志摩一未(星野源)と伊吹藍(綾野剛)は、隣を走る車の異変に気付きました。
すると品川区西森で専務の松村幸弘(林和義)を殺害した加々見崇(松下洸平)が起こした殺人事件の通報が入り、その犯人が車に乗っている事に伊吹が気付くと二人は密かに追跡を始めました。

加々見に脅されながら検問に引っかかった車の持ち主の田辺将司(鶴見辰吾)は、妻の早苗(池津祥子)と共に加々見を息子の秀則と偽りすり抜けると、更に後を追う志摩達。
人をころしていないと話す加々見を信じる事にした田辺は、志摩が話しかけてきて、車内で拉致監禁されている事を確かめ、ボイスレコーダーを車内に置かれた事に気付きませんでした。
車内のやり取りを聞いていた志摩達は、同級生の岸拓哉(吉村卓也)に今の会社を紹介された話を聞き犯人ではないと考えていると、隊長の桔梗ゆづる(麻生久美子)から拉致した証拠映像が見つかった連絡を受け、逮捕するようにと指令が出た。

富士山田の道の駅で確保しようとしましたが、自殺した秀則を信じれなかった事を悔やんでいた田辺夫婦に邪魔され逃げられてしまう。
その後、下富士町の用品店で包丁を万引きし実家へ帰った加々見は、子供の頃に虐待された父親(相田雄一郎)を殺害すると、電話してきた岸に話した。
先回りしていた志摩達が2年前に父親が事故で亡くなった事を話しながら現れると、松村から父親の様に乱暴されかけ、弾みで殺害した事を聞いた。

理由はどうあれ人を殺した事は取り返しがつかないと志摩が話しながら加々見を逮捕して事件は解決。
その帰り、伊吹とうどんを食べた志摩は、ラストシーンで自分の過去を思い出しながら、お前は長生きしろよ、と意味深に呟くのだった。

マジックナイト

【次回の予想】次回は、女性の声で助けてと警察に通報が入り、警官が駆けつけると通報者が逃げてしまうという、いたずら通報が頻繁に起こる騒ぎが起きました。それを捜査する事になった第4機捜の志摩一未(星野源)と伊吹藍(綾野剛)は、その騒ぎの裏にある真の狙いに気付くのでした。という結末になりそうな展開を予想しています。

←1話に戻る 3話ネタバレに進む→

MIU4042話感想とみんなの評判

女性(50代)の感想と評判

評価
(5.0)

機動捜査隊の配属となった伊吹藍(綾野剛)と志摩一味(星野源)はパトロール中に、隣の車の人たちに違和感を感じ、警視庁からの殺人事件の情報から追跡を始めます。
その車には手に血を付けた加々見崇(松下洸平)が後部座席から、田辺将司(鶴見辰吾)と助手席の妻・早苗(池津祥子)をナイフで脅していた。
田辺夫婦は亡くなった息子の面影を重ね、加々美から事情を聞き信じた。

志摩はその車に近づき車内にボイスレコーダーを入れ、殺人事件の容疑者と服装も一致していることから尾行を始めます。
車内では加々見が事件の真相を明かしていて、その様子を志摩らが耳を澄まし聞き、加々美は無実を証明しようとしていると感じます。
将司らには反抗期の息子が学校で窃盗があり、犯人にされた息子を信じることなく亡くなった息子に無念さを語っている中、伊吹が現れ加々見に出頭を命じます。
伊吹が加々見を抑えようとすると、夫婦は無実を信じ加々見を逃がしました。

加々見は本当にやってしまった事実を逃避しようとしてここまで逃れ、自殺の可能性を疑う志摩だった。
警視庁から殺人事件の現場の指紋と加々美の指紋が一致したと報告を受けた。
ラストに加賀美が父親からの虐待と会社の上司のパワハラが重なり、殺人を犯した事実が明らかになった。

女性(30代)の感想と評判

評価
(4.0)

志摩一未(星野源)と伊吹藍(綾野剛)がメロンパン販売車で移動している様子は、笑ってしまいました。
一瞬の出来事でしたが伊吹が異変に気づき、結果的に殺人事件の容疑者が立て込んでいる車に遭遇したことはすごいと思いました。

脅されていた車の主である田辺将司(鶴見辰吾)と妻の田辺早苗(池津祥子)が、殺人を犯していないと話す犯人の加々見崇(松下洸平)のことを信じる展開になったのは予想外でした。
自殺した息子の命日に偶然会った息子に少し似ている加々見のことを、田辺夫妻が理解しようとしたのは複雑な気持ちになりました。
初めは攻撃的な態度だった加々見が、だんだんと田辺夫妻に心を開いて話を始めたことも驚きました。

田辺夫妻の息子の話を聞いた後に、二人が加々見のことを庇って逃がしたのは切なかったです。
加々見が本当は殺害を犯していたのは残念でしたが、そのことを知っても加々見に温かい言葉を掛ける田辺夫妻の優しさに心を打たれました。
加々見が夫妻に深く一礼をしたシーンも、こみ上げてくるものがありました。

今回、九重世人(岡田健史)が言っていた「志摩は相棒を殺した」という言葉が気になりました。
ラストシーンで志摩が伊吹に言っていた「時は戻らない。お前は長生きしろよ。」という言葉に重みを感じました。

MIU4042話ネタバレあらすじのまとめ

この記事では『MIU404』第2話のあらすじネタバレをご紹介しました。

本編が見たくなってきた!という方は、下記のページで無料視聴の方法を解説しているので参考にしてください。

 

【無料】ドラマ『MIU404』見逃し動画を無料視聴する方法(1話〜最終回を全話フル配信)【ミュウ ヨンマルヨン】 【無料動画】ドラマ『MIU404』見逃し動画を無料視聴する方法(1話〜最終回を全話フル配信)【ミュウ ヨンマルヨン|今日の最新話も視聴OK】