親バカ青春白書1話ネタバレあらすじ、皆の感想と評判【娘と同じ大学に入学しちゃった!?おじさん青春謳歌】

親バカ青春白書1話ネタバレあらすじ、皆の感想と評判【娘と同じ大学に入学しちゃった!?おじさん青春謳歌】

この記事ではドラマ『親バカ青春白書1話』のあらすじネタバレや次回の予想、みんなの感想・評判が読めます。

注意
結末ラストまで完全にネタバレしています。まだ視聴していない方は下記のボタンから本編の無料動画をお楽しみください。

 

【無料動画】ドラマ『親バカ青春白書』見逃し動画を無料視聴する方法(1話〜最終回を全話フル配信)【今日の最新話も視聴OK】 【無料動画】ドラマ『親バカ青春白書』見逃し動画を無料視聴する方法(1話〜最終回を全話フル配信)【今日の最新話も視聴OK】

親バカ青春白書1話あらすじ(2020年8月2日放送)

最愛の妻・幸子さちこ(新垣結衣)を亡くし、男手一つで娘を育て上げた小比賀太郎おびか たろう(通称:ガタロー)(ムロツヨシ)は、一発屋の売れない小説家にして愛娘・さくら(永野芽郁)のことが大好きすぎる筋金入りの親バカ。女子校育ちで純真無垢なさくらが共学大学に通うことを心配するあまり、なんと娘と同じ大学を受験し、同級生として同じ学部に入学することに!小説家の仕事が切られることを恐れるガタローは、さくらに好意を寄せる図々しい担当編集者・尾崎おざき(谷口翔太)には大学生になったことを隠したまま、周囲から浮きまくりのキャンパスライフをスタートさせる。

ガイダンスの日、さくらに悪い虫がつかないよう男子学生に目を光らせていたガタローは、担当教授・大村おおむら(野間口徹)から不審に思われ早速呼び出しを食らう。一方、さくらは入学式で知り合った広島出身のあけすけな性格の同級生・寛子ひろこ(今田美桜)と共に学食へ。同じ学部のイケメン同級生・畠山はたけやま(中川大志)と、バイトを掛け持ちしまくる倹約家の美咲みさき(小野花梨)と相席するが、横柄な態度で絡んできた先輩に毅然と接する畠山を見たさくらは、恋の雷に打たれフリーズ!そうとは知らないガタローは同級生の自称YouTuber・根来ねごろ(戸塚純貴)と意気投合し、学食に合流する。二人が親子入学したことを知った同級生たちに衝撃が走る中、人生二度目の大学生気分を満喫するガタローはさくらと共にサークル選びへ。

馴れ馴れしく接してくるサークル勧誘の先輩男子学生からさくらをガードしながら、共にサークル選びを楽しむガタロー。一方、さくらはうっすらと自分の家は異常なのかも、と感じ始めていた。そんな中、テニスサークルの先輩からインカレパーティーのチラシを渡されたさくらは、父親に内緒で参加するよう誘われ……。

親バカ青春白書1話ネタバレ

ネタバレ

親バカである小比賀太郎(ムロツヨシ)は娘のさくら(永野芽郁)が心配で同じ大学を一緒に受験して一緒に合格してしまいます。
春から2人は大学生になり一緒に登校します。

そこで賀太郎はサークルに入ることに決めてさくらと一緒に色々な部で体験します。
落研に畠山(中川大志)が居ることを知りさくらは賀太郎と一緒にその落研に仮入部することにします。

ですがその落研には男しかいなかったので部員を増やそうと賀太郎がみんなを勧誘するのでした。
それから根来がユーチューブ撮影のためにスカイツリーに行こうと誘うので土曜にみんなで行くことになります。

後日、スカイツリーにやってきたさくらたちはすぐに登ることにしますがお金がかかることを知り美咲は断念してしまいます。
そこで畠山はさくらに賀太郎のことが好きだとカミングアウトしてしまいます。それを聞いてさくらはショックを受けるのでした。

次にヒロコ(今田美桜)とさくらは大学の合同コンパに行くことにするとそこで他の大学生に襲われてしまいます。
ですが、GPSを使って賀太郎と畠山がやってきて殺しの演技をして大学生たちをビビらせて追っ払ってしまいます。
2人を助け出した賀太郎はそこで、さくらに普通じゃない親子関係でもいいじゃないかということを力説するのでした。

ラスト、賀太郎は大学の寄せに出て落語で笑いを取ります。
すごく面白いドラマでした。親子愛がとても微笑ましかったです。

マジックナイト

【次回の予想】次回はさくらと畠山が進展して付き合うことになると思います。そのことを知った賀太郎はショックを受けます。結末、賀太郎は娘の成長を喜び2人の交際を許すと思います。

←全話ネタバレに戻る 2話ネタバレに進む→

親バカ青春白書1話感想とみんなの評判

女性(30代)の感想と評判

評価
(4.0)

大学に合格したのは小比賀さくら(永野芽郁)だけかと思いましたが、父親の小比賀太郎(ムロツヨシ)も実は受験していて一緒に合格していたのは驚きました。
元東大生でもあるのに、娘と同じ学校に通いたがっていたのは笑ってしまいました。

亡くなった妻の小比賀幸子(新垣結衣)やさくらに対して、ガタローが惜しみなく愛を伝えるのは素敵でした。
ガタローが講義中に同じ学部の男子生徒をチェックしていたのは、娘を心配する父親ならではだと思いました。
初めは少し驚いていましたが、ガタローに対しても変に気を遣わずにさくらの気持ちを理解してくれる山本寛子(今田美桜)と出会えたのは大きいなと思いました。

父親との関係性が少し特殊であることに気づき始めたさくらが、スカイツリーに行くことをガタローに内緒にしたのは理解できました。
さくらが気になっていた存在である同級生の畠山雅治(中川大志)が、さくらにガタローが好きであることを打ち明けたのは予想外でした。
さくらと寛子がインカレパーティーで危険な状況に陥ったときに、独特な方法で止めたガタローはさすがでした。
年の離れた大学生のことも理解しようとしてくれるガタローが慕われるのは納得でした。
ガタローが人気者になっていたラストシーンは、見ていて楽しい気分になりました。

男性(40代)の感想と評判

評価
(4.0)

最愛の妻を亡くして男で一つで娘を育てた小比賀太郎(ムロツヨシ)は一発屋の売れない小説家でした。
そんな太郎は溺愛する娘のさくら(永野芽郁)が大学に進学するのが心配過ぎて自らも大学に入学するのでした。
40歳の太郎が大学にいることから教授や同級生から変な目で見られる太郎ですがあまり気にしていない様子でした。

そしてさくらはというと知り合った美人の寛子(今田美桜)、イケメン同級生の畠山(中川大志)、自称ユーチューバー恭介(戸塚純貴)、お金への執着心が強い美咲(小野花梨)などとキャンパスライフを楽しもうとするのでした。
しかしそんなさくらに付きまとう太郎がいました。
寛子達の反応を見たさくらは自分の置かれている状況は普通じゃないと気づき出すのでした。

そんなことから東京スカイツリーを見に行くことになっても太郎には内緒で行くさくらがいました。
そんなさくらは寛子から誘われてパーティーに参加することになりますが変なクスリを入れられてしまい2人は動けなくなるのでした。
襲われそうになるさくらと寛子ですがその場に太郎と畠山が到着するのでした。
そして太郎が畠山を刺すという演技を見せて警察沙汰にしたことでさくらと寛子を襲おうとしていたメンバーは逃げていくのでした。

さくらと寛子は太郎に謝罪をして太郎はというと大学生になり浮かれるのはしょうが無いと伝えて許すのでした。
そしてラストは太郎が若者たちとキャンパスライフを楽しむのでした。

親バカ青春白書1話ネタバレあらすじのまとめ

この記事では『親バカ青春白書』第1話のあらすじネタバレをご紹介しました。

本編が見たくなってきた!という方は、下記のページで無料視聴の方法を解説しているので参考にしてください。

 

【無料動画】ドラマ『親バカ青春白書』見逃し動画を無料視聴する方法(1話〜最終回を全話フル配信)【今日の最新話も視聴OK】 【無料動画】ドラマ『親バカ青春白書』見逃し動画を無料視聴する方法(1話〜最終回を全話フル配信)【今日の最新話も視聴OK】