13(サーティーン)1話ネタバレあらすじ、皆の感想と評判【生還と軋轢】

13(サーティーン)1話ネタバレあらすじ、皆の感想と評判【生還と軋轢】

この記事ではドラマ『13(サーティーン)1話』のあらすじネタバレや次回の予想、みんなの感想・評判が読めます。

注意
結末ラストまで完全にネタバレしています。まだ視聴していない方は下記のボタンから本編の無料動画をお楽しみください。

 

【無料動画】ドラマ『13』見逃し動画を無料視聴する方法(1話〜最終回を全話フル配信)【サーティーン|今日の最新話も視聴OK】 【無料動画】ドラマ『13』見逃し動画を無料視聴する方法(1話〜最終回を全話フル配信)【サーティーン|今日の最新話も視聴OK】

13(サーティーン)1話あらすじ(2020年8月1日放送)

憔悴したうつろな表情で、フラフラと道路を歩く若い女性…。着古したボロボロの衣服で、手首には鎖のちぎれた手錠…。「…ずっと、監禁されていました」彼女は13年前、13歳の時から行方不明となっていた相川百合亜(桜庭ななみ)だった。
連絡を受け二人の刑事、永井敏彦(青柳翔)と田辺佐緒里(遊井亮子)が事情聴取を始める。しかし百合亜は、過去を思い出すうちにパニック状態となってしまう。警察は聴取を断念し、百合亜が平静を取り戻せるよう、家族のもとに戻すことを決める。

一方、相川家では、百合亜無事発見の知らせを受け、母・麻美(板谷由夏)と妹の千帆(石川瑠華)が落ち着かない表情で警察からの迎えを待っていた。そこへ父・宗一(神保悟志)がやってくる。百合亜が行方不明となって以降、相川家はそれぞれがすれ違いを繰り返し、宗一は別居状態で家を出ていたのだった。麻美は百合亜に安心して家で過ごせるよう、かつてのように仲が良かった家族を演じてほしいと提案する。ため息をついて渋々承諾する宗一、その様子を冷めた態度で見る千帆。

百合亜の帰宅はたちまちニュースになり、世間の注目を集める。数日後、永井と佐緒里が改めて百合亜に事情聴取をするために相川家を訪れた。しかし犯人の名前も言わず、監禁場所も覚えていないと繰り返す百合亜。
いったい彼女はどんな13年間を過ごしてきたのか…。
「あの子、絶対に何かを隠している」
佐緒里はそう言い切るが、永井は百合亜の本心を測りかねていた。
そんな折、隣の町で一人の少女が行方不明になったという情報が入り……。

百合亜が心の奥底に秘めた思いとは?
第二の事件を起こしたのはいったい誰なのか?
謎が謎を呼ぶ衝撃のクライムサスペンス、開幕!

13(サーティーン)1話ネタバレ

ネタバレ

手錠をつけ裸足で歩く相川百合亜(桜庭ななみ)が保護され、ずっと監禁されていたと訴えます。
百合亜は13年間行方不明で、母・ 麻美(板谷由夏)に連絡がきて、別居中の夫・宗一(神保悟志)を呼び戻し、依然と同じ状況の家族を演じることにした。
13年ぶりに百合亜を迎えた家族だが変わり果てた百合亜の存在に戸惑い、百合亜もどう対応していいのか分からない状況であった。

百合亜は警察から監禁されていたことの事情聴取を受けるが、百合亜がパニック状態となってしまい答らえる状況ではなかった。
そんな中、警察の永井 敏彦(青柳翔)が対応します。
百合亜はケ-キを手で掴んで食べる姿があり、麻美らは当時のビデオを見せて家族を取り戻そうとするが、妹・千帆(石川瑠華)は反感を持ってしまう。
それから、また幼女が行方不明となり、百合亜の元に永井が事情を聞きに行くが、百合亜は部屋から抜け出していた。

そんな百合亜は元ボーイフレンド日置 渉(井上祐貴)の前に現れ、麻美は百合亜が行方不明なり先生と呼ぶ男性のことを思い出していた。
百合亜が監禁された場所が特定され、永井らは現場に向かいます。
ラストには、そこでは犯人らしき人物(藤森慎吾)と百合亜が仲良く映っているプリクラ写真がありました。

マジックナイト

【次回の予想】次回は少女が誘拐され、その犯人は百合亜を監禁していた男性だと思います。百合亜がいなくなったことで、また少女を誘拐して結末まで百合亜は何かを思い出すでしょうか。

←全話ネタバレに戻る 2話ネタバレに進む→

13(サーティーン)1話感想とみんなの評判

男性(30代)の感想と評判

評価
(3.5)

百合亜(桜庭ななみ)は13年間監禁されていましたがある日、警察に保護されます。
そして、その知らせを受けて夫婦は別居していたが百合亜に心配されないよう元の家族を演じ百合亜に会いに行きます。

その後、久しぶりの我が家に帰ってきた百合亜でしたが全く表情が変わりません。
妹の千帆(石川瑠華)はそんな姉にやたらと噛み付きます。

後日、警察が事情聴取にやってきますが百合亜は何も答えません。それを不審に思う警察は嘘をついているのではないかと疑います。

後日、隣町で少女の誘拐事件が起きて百合亜の事件と何か関係があるのではないかと警察は思います。

その後、相川家にマスコミが集まってしまいます。そして、急に百合亜が家から消えてしまうのでした。
百合亜は同級生の渉(井上裕貴)のところに行っていました。
公園で思い出話をする百合亜と渉でしたが渉の行動で百合亜のトラウマが蘇り発作を起こしてしまいます。

一方、警察は百合亜が監禁されていた場所を突き止めて、そこに行くとラスト百合亜と犯人のいちゃついた写真が飾ってあり警察は動揺するのでした。
百合亜がどうして何も喋ろうとしないのかわかりませんでした。
監禁したとは言いながらどんな犯人かとか全く言わないのは何か理由がありそうです。その理由がなんなのか気になりますね。

女性(30代)の感想と評判

評価
(3.5)

13年間も監禁されるなんて考えられないことなので、相川百合亜(桜庭ななみ)が今の世界にすぐに馴染めないのは無理もないなと思いました。
母親の相川麻美(板谷由夏)が百合亜の部屋をそのままにしていたことは、深い愛を感じました。

刑事の田辺佐緒里(遊井亮子)は百合亜に対して高圧的で、思いやりを感じられませんでした。あのような質問の仕方をされたら、百合亜が怖がってしまうのは当然だと思いました。
田辺とタッグを組む永井敏彦(青柳翔)は優しさを持って接してくれそうなので、少し安心しました。
母親が百合亜のことを優先してしまうこともあり、妹の相川千帆(石川瑠華)が百合亜に対して冷たい態度を取ってしまうのは悲しかったです。
別居していた父親の相川宗一(神保悟志)との間にも溝ができてしまっているのは、13年という長い月日が経ってしまったことの影響の大きさを感じました。
両親が揉めている様子を見てきた千帆も、ずっと辛かっただろうなと思いました。

百合亜が家を抜け出したのは焦りましたが、元恋人である日置渉(井上祐貴)と再会した百合亜が少し穏やかに見えて安心しました。
百合亜と誘拐犯だと思われる男が、仲良さそうに写真に写っていたのは驚きました。
百合亜がうっすらと微笑んだラストシーンは引き込まれました。

13(サーティーン)1話ネタバレあらすじのまとめ

この記事では『13(サーティーン)』第1話のあらすじネタバレをご紹介しました。

本編が見たくなってきた!という方は、下記のページで無料視聴の方法を解説しているので参考にしてください。

 

【無料動画】ドラマ『13』見逃し動画を無料視聴する方法(1話〜最終回を全話フル配信)【サーティーン|今日の最新話も視聴OK】 【無料動画】ドラマ『13』見逃し動画を無料視聴する方法(1話〜最終回を全話フル配信)【サーティーン|今日の最新話も視聴OK】