アンサング・シンデレラ3話ネタバレあらすじ、皆の感想と評判【俺はあんた達とは違う】

アンサング・シンデレラ3話ネタバレあらすじ、皆の感想と評判【俺はあんた達とは違う】

この記事ではドラマ『アンサング・シンデレラ3話』のあらすじネタバレや次回の予想、みんなの感想・評判が読めます。

注意
結末ラストまで完全にネタバレしています。まだ視聴していない方は下記のボタンから本編の無料動画をお楽しみください。

 

【無料動画】ドラマ『アンサング・シンデレラ』見逃し動画を無料視聴する方法(1話〜最終回を全話フル配信)【病院薬剤師の処方箋|今日の最新話も視聴OK】 【無料動画】ドラマ『アンサング・シンデレラ』見逃し動画を無料視聴する方法(1話〜最終回を全話フル配信)【病院薬剤師の処方箋|今日の最新話も視聴OK】

アンサング・シンデレラ3話あらすじ(2020年7月30日放送)

葵みどり(石原さとみ)は相原くるみ(西野七瀬)と救急センターの調剤室で仕事中。すると、処置室にいた瀬野章吾(田中圭)から、搬送された小学校教師、新田奏佑(浅利陽介)の処置を手伝うよう呼ばれる。意識を取り戻し、医師から入院を告げられたが拒否する新田をみどりがなだめる。

調剤室に戻る途中、病院薬剤師の忙しさに辟易するくるみに、みどりは産休育休を取っていた先輩が戻ってくると告げる。しかし、その先輩はドラッグストアに転職することになってしまった。このままでは忙しくなりすぎて、みんな辞めてしまうと嘆く刈谷奈緒子(桜井ユキ)を販田聡子(真矢ミキ)が諫める。

みどりとくるみが、新田に服用している薬について聞くと、新田は大量の薬を出した。なかには日付の古い薬がある。また、くるみは半分に割られて処方された錠剤に気付くが、みどりが制した。みどりたちが新田の病室を出ると、ひとりの児童がいる。新田の教え子らしいが、声をかけると帰ってしまった。

錠剤を割る処方は、その薬剤で行ってはいけないもの。みどりから話を聞いた刈谷たちも憤る。みどりはドラッグストアに電話して、新田の薬を出した薬剤師に問い合わせるが、白けた対応に腹が立つだけ。それならばと、みどりは直接ドラッグストアに赴く。躊躇しながら店内に入り、薬剤師を探すみどりに声をかけた店員は『娘娘亭』で顔見知りの小野塚綾(成田凌)だった。小野塚が薬剤師だということを隠していた事、新田の薬について電話で応対していたのも小野塚であった事に憤るみどり。しかし、小野塚も病院薬剤師を嫌っている様子で…。

アンサング・シンデレラ3話ネタバレ

ネタバレ

新田宗佑(浅利陽介)という透析の患者が病院にやってきて葵(石原さとみ)が今飲んでいる薬を確かめるとアダラートが半分に割られて処方されていることがわかります。
そのことで葵は不審に思いその薬局に電話して話を聞きますがDO処方だということがわかっただけですぐに電話を切られてしまいます。

その後、葵はその薬局に文句を言いに行きますがそこにいたのは小野塚(成田凌)でした。
そこで小野塚は自分の仕事がたくさんあるので1人の患者に時間を使えないと言い葵は困惑してしまいます。

後日、葵は新田に処方箋の薬局を変えるように提案しますが、時間の都合で無理だと言われます。
そして、夜に新田は病院を抜け出していなくなってしまいます。
それを聞いて小野塚が自転車で探して救急車を呼んで助けてくれます。

その後、葵は新田にフェログラデュメットという薬を飲んでいなかったことを指摘すると前に気持ち悪くなって吐いてしまったことがわかります。
それを聞いて葵は新田が退院するときにその薬とは別の薬に変えてもらい処方するのでした。
そこで新田は教師を辞めると言い出しますが葵の説得と生徒たちのビデオの映像で続けることになるのでした。

後日、葵は小野塚に新田のことで礼を言いに行きます。ラスト小野塚は葵の言葉に感化されて救急薬剤師の勉強を始めるのでした。
小野塚の葵に対するセリフにすごく共感しました。

マジックナイト

【次回の予想】次回は羽倉の父親が病院に来て親子の関係のストーリーを描くみたいです。結末はきっと羽倉のことを父親は認めてはいなかったのですが、葵の働きかけで和解すると思います。

←2話に戻る 4話ネタバレに進む→

アンサング・シンデレラ3話感想とみんなの評判

女性(30代)の感想と評判

評価
(4.5)

ある日、救急センターに小学校教師の新田(浅利陽介)が校庭で転倒し搬送されてきます。
葵(石原さとみ)が新田に服用している薬を確認すると、新田は大量の薬を出します。
その中には半分に割られて処方されている薬もあり、葵は薬を処方している薬局に疑問を持ちました。

新田の病室から葵と相原(西野七瀬)が出ると、そこには新田の生徒らしき子供がいましたが、葵たちが声をかけると逃げるように帰ってしまいました。
葵は新田の薬を出している薬局に問い合わせの電話を入れます。

しかし電話に出た薬剤師の対応に納得がいかず、直接その薬局へ確認をしに訪れます。
そこに薬剤師として働いていたのは、以前から何度か娘娘亭で面識のあった小野塚(成田凌)でした。
小野塚が薬剤師である事を隠していた事と、薬の出し方について詰め寄る葵に、小野塚は、病院の外にそっちの理想を振りかざすなと突っぱねます。

そんなある日、入院している新田がいなくなります。
小野塚なら新田の事を良く知っていると考えた葵は、小野塚に連絡し助けを求めます。
小野塚が新田を見つけ出し、大事には至らず済みました。

ラストで、退院の日を迎えた新田に、葵は薬の服用に関するアドバイスをします。
しかし自棄になり前向きでない新田は葵のアドバイスにも渋い顔をします。
葵はそんな新田に、生徒たちからのビデオメッセージとメッセージカードを見せます。

実は前に病院に来ていた子供は新田の生徒で、自分のせいで新田が入院してしまったと思って心配で様子を見に来ていたのでした。
そしてそんな生徒に葵が提案し、クラス全員にメッセージをもらいに行っていたのでした。
生徒たちの気持ちに感動した新田は、また理想の教師を目指すべく薬と向き合うと決めたのでした。

女性(30代)の感想と評判

評価
(4.0)

葵みどり(石原さとみ)たちの勤めている病院に搬送されて来た教師の新田奏佑(浅利陽介)が、意識を取り戻した後に入院を拒否したのは驚きました。
新田に薬を処方していたドラッグストアの薬剤師が、葵と顔見知りである小野塚綾(成田凌)だったことは驚きました。

小野塚は「娘娘亭」にいるときは少し変わった人かなと思っていたぐらいでしたが、問い合わせをしたりドラッグストアを訪ねてきた葵に対しての態度が酷すぎて幻滅しました。
小野塚自身も大変なのは理解できますが、葵が指摘していたことを患者に説明した上でその方法を選択しているのか気になりました。
同じ職業である病院の薬剤師たちが、小野塚のやり方に困惑してしまうのは無理もないなと思いました。
新田自身も葵の意見に否定的だったのは予想外でしたが、透析しながら教師をしている大変さが伝わってきました。

小野塚が教師を辞めようと考えるのはその大変さを考えると理解できましたが、小野塚のクラスの生徒全員が励ましのメッセージを書いてくれていたのは心を打たれました。
薬剤部部長の販田聡子(真矢ミキ)の勤続20年を祝っている様子は微笑ましかったです。
小野塚の仕事に対する気持ちに変化を感じられたラストシーンは、嬉しい気持ちになりました。

アンサング・シンデレラ3話ネタバレあらすじのまとめ

この記事では『アンサング・シンデレラ』第3話のあらすじネタバレをご紹介しました。

本編が見たくなってきた!という方は、下記のページで無料視聴の方法を解説しているので参考にしてください。

 

【無料動画】ドラマ『アンサング・シンデレラ』見逃し動画を無料視聴する方法(1話〜最終回を全話フル配信)【病院薬剤師の処方箋|今日の最新話も視聴OK】 【無料動画】ドラマ『アンサング・シンデレラ』見逃し動画を無料視聴する方法(1話〜最終回を全話フル配信)【病院薬剤師の処方箋|今日の最新話も視聴OK】